寝室アクアリウム 〜静かで美しいサンゴ水槽を目指す〜

引きこもりたいけど引きこもれない自分を癒すための海水水槽を飼育するブログです。 現在は30×30×40の水槽です! カクレクマノミをメインにだんだん賑やかにしたい^ ^ 数日に1回くらいのペースで書くつもりです。 たまに間が空くかも… そうしたら気長に待ってくれると嬉しいです。


60ワイド水槽を立ち上げて約1ヶ月経ちました!



30cm背高水槽の時はハイドールのフローというアイテムを使って、水流をランダムに起こしていたんですが…


60ワイドだと足りない!
というか、やっぱり波を起こしたい!


という願望がありました…


今回購入するにあたって、かなり下調べをしたんですが…


造波ポンプって、どこか大切な要素が抜けてる事が多いな〜と感じました。


例えば…


VortechのMPシリーズは、
モーター部を水槽外に出して、強力な磁力によって水槽内のインペラを回すという、非常に省スペースでスタイリッシュなポンプなんですが、

けっこううるさいらしい…



ポラリオは一機で左右交互に水流を起こせる画期的なポンプなんですが、


●水槽の真ん中近くに置く事が好ましい

●うるさい


という弱点が…




ちなみにVortechはかなり高価で、最小モデルでも4万くらいすると思います。



安価なポンプといえば、コラリアシリーズ

一機ではただのポンプなんですが、スマートウェーブという装置につなぐ事で、左右交互に水流を起こせます。

しかし、コラリアナノシリーズでは左右入れ替わりの時に毎回「カチっ」って音がするらしく、これがうるさい。

※コラリアエボリューションシリーズ(大型モデル)では大分改善されているらしいです。



最後にTUNZEのスマートウェーブシリーズです。

これは自分的には完璧ですね。
少々スペースを取りますが、静音性が高く、水流も太くて素晴らしい。

…が、しかし


高い。


Vortechほどではありませんが、60ワイドに使うクラスなら一機あたり2万以上です。



ちなみにうるさくても良いなら、自分的にはVortechが最強だと思います。



で、たまたま巡り合ったのが、


Jebao RWシリーズ。



image


画像検索するとポンプの形がいくつかありますが、これが最新モデルだと思われます。


ネットで新品の安いのを探したら2機で15000円のがありました。


もう即買いました。(笑)


セット内容は、
●ポンプ本体
●水流コントローラー(一機に一台)
●電源アダプタ
●ポンプ固定用の磁石


ごめんなさい。テンション上がりすぎて、セット内容の写真撮り忘れた(笑)


設置しました。
image


あれ?一機しかない?


と見せかけて、左側のライブロックの山の後ろに配置しました!

image



電源ON!






※低画質でごめんなさい。
※すごくうるさく聞こえるけど、実際はこんなにうるさくありません。寝室アクアリウムなので(笑)


スターポリプの揺れ方が、自分の理想そのものです!


買ってよかった〜!


ちなみに、波は控えめにしときました。
パワー的にはもっと起こせます!


60ワイドには強すぎるくらいのパワーです。


本当は一機で十分っぽかったですね。


実はコントローラーに通信機能が付いていて、

2機交互に動かす、とかできるんですが、


今回は使いませんでした。


さらに、光のセンサーが付いていてナイトモードの機能もあります。


照明が切れると、水流も弱めてくれる機能です。


…が、本当の海は夜も波が起きているので、これは使いません。


水流のモードも5つあって、

●波を起こすモード
(パワー、間欠の早さ調節可能)

●100%から30%までだんだん強くなって、だんだん弱くなってと繰り返すモード
(流量の変わる早さ調節可能)

●流量がランダム変わるモード
(流量の変わる早さ調節可能)

●一定のパワーで動き続けるモード
(パワー調節可能)

●通信機能で交互に動かすモード
(パワー、左右交代の早さ調節可能)


※モードによってパワーが設定できないものがあります。


こう見ると安価ながら、十分な機能を備えている事がわかります。

高級モデルと比べても、いい勝負をするのではないでしょうか。



最初に動かした時に溜まってたゴミがぶわっと出たので、

サンゴにいい影響があたえてくれるかどうか、楽しみです!


そろそろレイアウトも見直して行きたいな〜!


ではまた!


イエーイ!

いや〜
ありがとうございます!
ありがとうございます!



海水水槽を始めてまだ7ヶ月半くらいなんですけども、


小型水槽を一応維持できた、ということで


水槽を大きくしました!


最初の水槽のときは立ち上げ時を書けなかったので、

これから立ち上げの様子を書きたいと思います!



始まり始まり〜


image

バン!

水槽はこちら!
●レグラスフラット60×45×45 12000円ほど

右の今までの水槽と比べると大きいですね〜
横幅、奥行き、高さの全てが前のより大きいです!


これくらいの大きさになってくると、全ての機材の重さを合わせると180kgくらいになります。


日本の建築の法律で定められている、床の耐えられる荷重の最低ラインが1平方メートルあたり180kgです。

この水槽台兼洋服タンスは

0.79m × 0.45m =0.3555...平方メートル

つまり、

床の強度の3倍近くオーバーしていることになります。

そのため、
image


ちょっとわかりにくいんですけど、

コンパネといわれる板を敷いて、

重量を分散します。

今回は

1.2m × 0.9m = 1.08 平方メートル

のコンパネを敷いたので、なんとか180kg/m^2 以内におさまりました。


実際のところ、これは建築物に求められる強度の最低ラインですので、本当はこれの倍くらいの強度はあるみたいです。


しかし、水槽は数年単位で設置するものなので、ゆっくり床が沈んだり、地震が引き金となって床が抜けたりする可能性もありますので、


油断は禁物です!!!

特に、老朽化が進んでいる家では最低ラインの強度もない可能性もありますので。


では、次に底砂はこちら!
image


●アラガライブ フィジーピンク 9.07kg×2

今回も脱窒したいので厚めに。前の水槽の底砂(4kgほど)も病気などなかったため使います。

アラガライブはバクテリアが最初から付いているタイプの底砂なので立ち上がりが早くなります。

また、このシリーズは普通のアラゴナイトよりも、PHの安定とミネラル補給の効果が高いそうです!


image


で、砂の上に袋を敷いて


海水を投入!
image


はい。まっしろ〜


ちなみに、
image

アラガライブの中にこんな小袋が埋まってます。

これを海水に混ぜると、白濁りが取れるのが早くなります!


今回は約22kgの砂を敷いて、約5cmでした!


そして4日後ー

image


無事白濁りも取れて、生態を全て投入しました。


実は、
立ち上げから12時間で魚、エビ、貝を移して


立ち上げから36時間でサンゴを全て移してしまいましたが、


全くもって問題ありませんでした!


まあ、丈夫と言われてる生態しかいないので、やってみたんですが、、


立ち上げてから、バクテリアをいれて、1ヶ月間放置して、ってゆっくりやっている方もいますが、


実は大丈夫なのかもしれません笑


※アラガライブの袋には、サンゴを入れるのは立ち上げから1ヶ月くらい経ってからが良いと表記されています。

※今回は小型水槽水槽に入れていたライブロックや底砂を全て使用し、ある程度設備も整っているため、たまたま上手くいった可能性があります。下手に真似するのは危険です。


(という具合に保険をかけて…)


ジャーン!

image


これにて60ワイドの設置終了!!


まだライブロックや、サンゴを増やしてないので、寂しーい感じになっちゃいました(笑)


以前の水槽の時はノリで買っちゃったライブロックとかでギュウギュウになっちゃったんで、


今度は慎重にコレクションします!


ちなみに、iPhoneで写真撮ると実際のよりずっと青くなっちゃうんですけど、どうしたら良いんだろう…



実は魚は増やしました!
今は、

カクレクマノミ×2
デバスズメ×2
ロイヤルダムセル×2
ハタタテハゼ×1

です。

さすがにベルリンには過密すぎかも…


一応、今までは空だった2213の中に、純正の青いスポンジと白いスポンジ1枚ずつ入れておきました。


20日ほど経って軽い水質検査をした感じ問題無しです!

これにて立ち上げ終了です!

機材的には、

海道達磨はベルリン式で150Lまでなので問題無し。

クーラーが出力不足なんですよねぇ…

それは後々…





◯おまけ

実は面白いこと思いつきまして…

image



わかります?
海道達磨のケースの中にヒーターを入れられることに気づいたんです(笑)

220Wのヒーターなんですけど、水槽に入れると結構大きくて目立つんですよねぇ

水がよく循環する場所なのでもう最高の設置場所ですね。

ただ、達磨のカップを掃除する時に循環を止めて、ヒーター消すの忘れると、湯気が立つくらいにはなるので注意ですね…


ではまた!

半月ほど前に

ろ材を全て抜いたわけですが、


びっくりするぐらい順調です!


むしろネタをくれという感じですw




今回は何かというと、
(まあタイトルに全部書いてあるんですけど)




ライブロックとサンゴを仕入れてきて、レイアウトを大幅に変えました∠︎( ˙-˙ )/




前のレイアウトはただ置いただけの、素人感丸出しのやつだったんですけど、

ちょっとは成長した!(つもり)



じゃあご覧くださいませ^o^

image


じゃあ必死のアピールタイム…


まずコンセプトは水槽の高さを活かしたレイアウト!ってことで


ご覧の通りライブロックを積み上げました!



ほぼ枝状のライブロックだけで組んでいるので、
中は空洞で、止水域にはなっていないはずです!


ライブロックを接着するのにはこれを
image

ホームセンターで1000円程度です!

アクアグッズにリーフボンドっていうものもあるんですが2000円くらいしちゃいます


さすがにちょっと高いですよね


使用した感想ですが、


40リットルの水槽に結構な量使ったんですけど、


悪影響とかゼロでした!


安心して使えます!

(アロンアルファの他の種類は試したことないのでわかりません)

ただそもそも、水中で接着するのがすごく難しいです…

できれば、水の外でサッと接着してから、水槽内に戻す方がしっかり接着できるとおもいます。


次に、サンゴを追加しました!



ショップは評判のいい"海水館"を選びました!


利用してみた感想としては、


長崎県から我が家まで約2日間かかるのに状態も良く、


また、小さい単位で売ってるのが非常に魅力的です!
(2-3cmのものが数百円とか)



じゃあサンゴの紹介を
三┏︎(っ'ヮ'c)┛︎ウゥッヒョオアアァ


image

まず真ん中に写ってる紫のが
ディスクコーラルです!

名前の通り円盤状
飼育も比較的簡単みたいです。




image

これもディスクコーラルの色違い





image

お次はマメスナギンチャクのトリカラー

こういうのをトリカラーって言うんですね〜!

真ん中の赤っぽいのがキャメルシュリンプにちょっとかじられちゃいました…恨む





image

ウミヅタ ブルーです。

こっちはかじられちゃったのか、弱っててはげちゃったのかわからないです…


でも、ちょっとずつまた増えてきてます!
成長が早くてびっくり!




image

スターポリプです!
(見にくい画像ですいません!)


これはいれてすぐにポリプを開いてくれたんですが

もう一種注文したほうが3日間くらい出してくれなくて不安でした…




image

もう一種はこの左の緑のやつ!


スターポリプ グリーン ショートです


こっちがなかなかポリプを出してくれなくて不安だったんですけど、


ほっといたら開いてくれました!


環境に慣れてなかっただけだったんですね!





で、スターポリプショートのすぐ右のが…





名前不明です(笑)
(ウミアザミの仲間かも?)



ショップさんの手違いで、

ウミヅタ ブルーだけ届かなくて、

でも、連絡したらその日のうちに出荷してくれて、

お詫びにということで、このサンゴを入れてくださいました!

実は活着してる石にウミヅタブルーもついてた!



自分はとりあえずサンゴの種類を増やしたかったので、


むしろ感謝です!



おかげさまで現在

マメスナギンチャク 3色

ウミヅタ ホワイト×1、ブルー×2

ディスクコーラル 2色

スターポリプ ×1

スターポリプショート ×2

ウミアザミらしきもの×1

のサンゴがいます!


結構増えた!


今は一つ一つの個体が小さいので、まだまだ寂しく見えますが、

少しずつ成長してるみたいなので、


これから賑やかになるかな?



頑張ります!


では!







↑このページのトップヘ